FC2ブログ
2011-10-31(Mon)

転職理由をはっきりさせる目的

転職を決意するにあたり、転職理由は明確にしておかなければなりません。新しく仕事を探すためにも、今の仕事を辞めることが自分の利益になると確信するためにもです。たくさん転職を考えている人はいますが、転職を何となくしようかという程度で考えている人は就職活動はうまくいかないでしょう。結果的に仕事を辞めたことを後悔することになるかもしれません。退職理由に繋がるにが、転職理由というものですから、仕事を辞めた後に転職理由を考えていては手遅れだということです。今の職場環境をもう一度、辞める前に見つめ直してみてはどうでしょうか。今の状況を分析し、何が転職理由なのかを自分の中ではっきりさせることです。それにより転職をしなくても、問題を解決するにはどうしたらよいかが見つかるかもしれません。上手な転職、上手な離職をするための第一歩は、転職理由を明確にさせることなのだといえます。自分自身を納得させることができないような転職理由では面接のときに相手を納得させることはできません。また転職に関して家族の反対に遭うということもあります。新しいことを始める時は、動機を見定めて目標をはっきりさせ、その目標に進む計画をしっかり立てることから始まります。転職理由は就職活動をするためだけに不可欠なものではありません。自分が将来どうしたいかを見極めるための指針として活用していかなければ意味がないのです。
2011-10-26(Wed)

# 女性の転職と資格

資格を取ることも、女性がより良い職場に転職を成功させるためのひとつの手段でしょう。資格を取ることで自分自身のスキルをアップさせて、女性が転職する際に企業にアピールすることができるからです。女性の場合、結婚して子供がいたとしても、その人のスキルが高ければ企業は評価をして採用してくれるでしょう。資格をどんなものでも取れば良いというわけではなく、女性が転職を成功させるためには、仕事に役立つ資格を取ることが重要なことではないでしょうか。最近のビジネスには英語は欠かせないものとなっています。ですから女性の転職に有利な資格として人気があるのがやはり英語関係の資格でしょう。英語のスキルを身につけることができれば、女性の転職にとても良い影響があるに違いないでしょう。TOEICは英語のスキルをはかる資格としてはかなりメジャーな存在です。今日本の企業の中で昇進や昇格の条件となっているのがTOEICで、取り入れている企業は多い資格だといえます。ですから女性の転職を成功させるためにも大変有利な資格なのです。一般的にスコアが日系企業ではTOEIC600点以上、外資系では850点以上の人が英語のできる人材として求めらるのです。フードコーディネーターやインテリアコーディネーター、WEBデザインなどが今女性に人気のある資格なのではないでしょうか。けれど現実には実際に企業側から評価されるかというと、そうでもない資格も多いようなのです。転職でステップアップしたいと考えている女性は、資格取得を目指すときに、本当に企業側が高く評価しているものを選択する必要があるといえるでしょう。
2011-10-26(Wed)

転職セミナーに参加するために

まず転職セミナーのスケジュールを押さえてから、転職セミナーに参加してみましょう。ほぼ毎日どこかで転職セミナーは開催されていますので、転職セミナーの参加費や内容の比較もラクにできるでしょう。インターネットで転職セミナーを検索したり、転職をサポートする転職支援会社に問い合わせることで転職セミナーに参加するための情報を手に入れることができるでしょう。ためになりそうな転職セミナーを見つけて参加を申し込むことは非常に簡単です。転職セミナーの参加費用はその転職セミナーの目的によって異なり、無料の転職セミナーも多いようです。転職セミナーの中でも、スキルアップやコンサルティング的なものは有料が多く参加費もいろいろです。転職セミナーでは転職に関係する内容が主な内容のセミナーとなります。転職し自分の力を伸ばすためには、ビジネス向けのセミナーに参加することも有意義です。転職セミナーのようにそれは直接的な転職知識ではない可能性があります。ビジネスマンとしてマーケティング、広告、営業のマナー、ビジネス文書、販売、などのスキルアップに適したセミナーに参加することは、転職に非常に有利になります。企業やサイドビジネス、株、ベンチャー企業、システム開発などのテーマがビジネス向けのセミナーにはあるようです。自分自身の価値をビジネスセミナーで上げ、具体的な行動指針を転職セミナーで固めることで転職を成功させることができるのではないでしょうか。
2011-10-26(Wed)

外資系企業に転職するメリット

外資系企業に転職するといったいどのような利点があるのでしょうか。転職を外資系企業にするにあたって一番の良いところは経歴・学歴・性別・年齢などによる差別がないことだといえるでしょう。実力さえあれば誰にでも外資系企業への転職のチャンスがあるというわけです。日系企業よりはるかに女性管理職の比率が高いのも外資系企業のカラーでしょう。仕事を頑張れば性別に関係なく昇進が可能というのが外資系企業の良いところです。的確な昇給、昇進、降格など、外資系企業の人事評価はかなりはっきりとしています。外資系企業への転職のメリットは、自分が頑張った分だけその成果がわかりやすくあらわれるので、をそれを機会に自分の実力を正統に評価かしてもらえるということではないでしょうか。年功序列型の日本企業と違って外資系企業に転職すれば若くても実力があれば責任ある役職について高収入を得ることも大きなメリットです。会社に迷惑をかけない限り、社員のプライベートにはいっさい干渉することはありません。これも外資系企業の特徴であり、極端なことを言えば社内で不倫カップルが堂々とランチに行くこともできるなんて話もあるのです。年功序列でない、名前を呼ぶときは肩書きではなくさんづけで呼ぶなどの特徴があるせいか、外資系企業には部下を怒鳴り散らすような上司や先輩はほとんどいませんし、プライベートなことで上司に呼び出されるようなこともないでしょう。これ以外にもオフィスがキレイ、出張旅費に余裕があるなどのメリットがあります。日本企業と外資系企業の違いを認識することが転職成功へのポイントです。
2011-10-26(Wed)

転職活動の転職理由と実際の理由

就職活動において転職理由は、後ろ向きなものや否定的な由ではなく前向きな理由、肯定的な理由の方がはるかに望ましいとことだ考えられています。事実、心の底からプラスのみの転職理由で仕事を辞めて転職をする人はどれほどいるのかわかりません。自分の今もっている能力を別の会社で伸ばしたい、今の会社には不満は何もない、とはっきりと言える人はごくわずかなのではないでしょうか。「残業が多くて仕事がきつく体が保たない」「会社の人間関係がうまくいかない」などが一般的に仕事を辞める理由の上位を占めるようです。けれど普通前向きな転職理由が転職活動では求められることになります。かといっていわゆる後ろ向きな理由である、給料が安い、嫌な上司がいる、仕事がきついといったようなことで辞めることはよくないという訳ではないのです。自分の中で転職理由をはっきりさせないで、今の環境をとにかく脱出したいという一心で会社をやめてしまうことは問題があるのではないでしょうか。そういう状態では新しい仕事を探すときに何もプラスにはなりません。新しい仕事に転職理由を明確にできないままついたとしても自分自身のために良いとはいえません。これではまた気がつくと同じような状況になっているということがあるからです。実際に仕事を辞める際の転職理由は後ろ向きでも逃げでも良いのではないでしょうか。転職活動でのべる転職理由はそれと違っていてもいいのです。転職活動で大事なことは、その転職経験から何を吸収するかです。
プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる