--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-26(Wed)

実質年率のグレーゾーン金利

実質年率にはグレーゾーン金利があります。実質年率を確認する際にあらかじめ知っておきたいのがグレーゾーン金利です。出資法で決められている上限金利より低く、利息制限法で決められている金利より高い金利がグレーゾーンで、ほとんどの消費者金融業者はこの金利で融資をします。今後のためにも、グレーゾーンとは何か概略だけでもおさえておくべきでしょう。金利の限度について定められた法律は、29.2%の出資法と、15%~20%の利息制限法が存在しています。どうして両法律の数字に差があるのかといえば、法律を使う目的が違うからなのです。民事裁判の法律が利息制限法で、業者が上限を上回った利息をつけた時、超過分を無効にします。これに対し、出資法は刑事罰の取り締まりの対象になり、罰金が発生します。キャッシング業者の実質年率は、この両方の法律を意識しながら決められていますが、法律の違いから発生するグレーゾーンについては、様々な人が問題提起を行っています。出資法を超える実質金利には罰金が発生しますが、利息制限法では処罰やペナルティの対象になりません。そこで、キャッシング会社は実質金利を決めるときに出資法は守りながら利息制限法をオーバーしています。出資法29.2%よの少ない実質年率なら、利息制限法より大きくても消費者金融会社にはペナルティはありません。ですが、どうしても返済が不能になった時などは利息制限法で定められた年率より多い分は過払いとして、過払い請求が成り立ちます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。