FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-27(Thu)

キャッシングで破産手続きをしないために

借りたお金が返しきれず、破産を申し立てる人は珍しくありません。破産した時でも、一定範囲の財産の所有は認められています。破産をしたことで、貸した側に返すべき債務について一定の配分が定められます。それは返済しなければなりません。破産をした人が、破産手続き後に手に入れた財産についても、場合によっては強制執行の対象となり、返済しなければならないこともあります。破産には免責制度もあり、きちんとした債務者なら認められます。債務責任については、認められれば破産の宣告を受ける前に担っていた分を放棄することができます。ただし、税金や罰金などの一部の例外を除きます。破産で使えなくなっていた資格も、免責によって制限がなくなります。破産手続きの制度は、キャッシングなどの多大な債務で身動きができなくなってしまった人たちを救う道ではあります。とはいえ、破産はどうにもならなくなった時の切り札的存在と考え、それまではできるだけのことをすべきです。債務整理の方法としては、簡易裁判所の特定調停法制度なども存在します。返済が不能になっても即座に破産手続きを取らず、できることを模索すべきでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。