FC2ブログ
2011-08-03(Wed)

返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法

借り換えによって住宅ローンの返済額を減らすにはどうするべきでしょう。
返済プランを見直すことで、住宅ローンの返済総額を減らし負担を軽減したいものです。しばらく共働きを続ける予定の人や、これから勤続年数に従って収入が確実に増加する見込みがある人などは、将来の安定収入を見越した住宅ローンの返済プランを立てることが可能です。将来はローン返済資金が確保できる人もいます。教育費が数年で終わる人などです。当面の返済額を減らすような住宅ローンの借り換え方法がおすすめです。収入が多く繰上げ返済によって短期間で住宅ローンが返済可能な人や、確実に貯蓄を増やせる人、将来財産分与などでまとまったお金の入る予定のある人、もともと借入額が少ない人は金利が上昇してもなんとか対応できます。それらのタイプのなら、固定金利制で10年程度の低金利なタイプを探して住宅ローンの借り換えを行いましょう。もし10年後に金利が上昇しても収入や貯蓄に余裕があればそのときに繰り上げ返済をしたりと柔軟に対応できるからです。固定金利型の10年型住宅ローンならば、返済の残りが15年以上の住宅ローンを組んだ人にとって借り換えがお得になる可能性があります。金利上昇の危険性を回避するには、より早く返済が済むタイプがおすすめです。経済的に余裕があって、まとまった貯蓄を持っている人が借り換えを検討することも考えられます。住宅ローンの借り換えでは、今より金利が低く負担を軽減できるものを選ばなくてはなりません。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる