FC2ブログ
2011-08-03(Wed)

ベータグルカンのガン治療での有益性

ベータグルカンはガン治療においてかなり有益であると考えられています。
ベータグルカンだけでガンが治った例はかなり少数のようです。既に病院でのがん治療が長く続けられた状態で、ベータグルカンなどの摂取を始めるひとがほとんどなのです。この場合相当免疫システムが弱っていることが推測されます。免疫システムはがん治療によって弱りきっています。そこにベータグルカンを投与しても、なかなか正常な状態には戻れません。ですが、既に回復できないほど免疫システムが弱っている人でベータグルカンを飲みはじめる時期が遅くても、ベータグルカンを飲む意味は大いにあります。ベータグルカンの有益性は、ガン細胞を積極的に減らすだけでなく進行ガンの腫瘍を抑制し延命効果がある点です。味覚異常や下痢・嘔吐といったものが、抗がん剤化学療法の副作用としてあげられます。抗ガン剤はガン細胞を攻撃するだけではないのです。同時に消化管粘膜細胞や骨髄の血液細胞を弱めてしまうのです。ベータグルカンで刺激をしていれば残った細胞が仲間の細胞を増殖させる効果がありますので、抗ガン剤によってリンパ球や好中球などの一部が死滅しても回復していきます。ベータグルカンは、ガンの化学療法の副作用で痛めやすい部分を強化、保護してくれるという有益性があるのです。ベータグルカンを使うことで、ガン化学療法の副作用を抑え、長く治療を続けることができる点が大きな有益性といえるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる