--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-03(Wed)

ベータグルカンの効能

最も良く知られているベータグルカンの効能は、抗がん効果だといえます。
体の状態を正常にする生体恒常効果(ホメオスタシス)が期待できるだけではないのがこのベータグルカンです。体の中に入った細菌やウィルスを消化するのがマクロファージですが、これを活性化する機能がベータグルカンにはあるのです。ですからベータグルカンには再発防止や転移防止という効能が期待できます。結果的にがん細胞の増殖を抑えたり消し去ったりすることができるかもしれないからです。ガン細胞を小さくするようにベータグルカンが直接ガンに働くわけではありません。特徴的な部分としては、ベータグルカンが体の免疫力を高めて、間接的にガンを小さくする効能があるということなのです。最近では、ベータグルカンの効能の応用性が研究されています。それにより、がん治療だけではなく、アレルギー疾患やアトピー性皮膚炎にも効果があるといわれています。アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患は、免疫反応が敏感すぎることによって起ります。そしてガンは免疫力が低下することで発生します。ベータグルカンなど、キノコから抽出される多糖類にはこのような過剰な免疫反応を抑えて正常化させます。アレルギー反応やアトピー性皮膚炎を改善する効能があると考えられています。キノコ類にはベータグルカンが含まれていますので、体調のリズムを整える効能があるのです。そのうえ多くの研究者によって公表されていることですが、疫病の回復力を高める効能や、成人病を予防する効能などもあるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。