--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-01(Mon)

日焼け止めクリームと紫外線

日焼け止めクリームは、普通女性は5月くらいから化粧の下地用として使用します。
夏だけではなく、初夏の前から日焼け止めクリームを使用することは、紫外線を防止するための当たり前のこととなりつつあります。紫外線の量は、日焼け止めクリームの使い方に大いに関係してくるのです。皮膚は体のもっとも外側に存在している部分ですが、その外側から言うと、表皮、真皮、そして皮下組織の3つの層で形成されているというのが、皮膚の構造なのです。皮膚組織の中の表皮は、体の中を有害なもの、たとえば化学物質や紫外線などから保護する役をしています。表皮は角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4層からできており、表皮細胞は基底層で生まれます。それから有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられ、最後には角質層からアカとなって剥がれます。このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、28日の周期で皮膚は新しく生まれ変わります。日焼けのメカニズムは、基底細胞の間には点々と存在するメラノサイトがつくるメラニン色素が日焼けの原因となっています。メラニン色素はこのように日焼けの原因になっていますが、皮膚細胞が紫外線で破壊されないように守るという働きもしているのです。けれども、紫外線によって過度に日焼けすることは決して皮膚の健康ためにはよくないので、肌の老化したりしみやしわを作らないためにも、できるだけ日焼け止めクリームで日焼けを防ぐようにすることが大切なことなのです。美しく健康的な肌を維持していくためにも、日焼け止めクリームを使って肌を紫外線から守るようにすることが大切です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。