--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-29(Sat)

借金時効の相談をする相手

専門家に相談することで、借金の時効についてより知識を得ることができます。時効については専門的な用語や法律が様々に決まっており、中断や放棄といった例外項目もあるため、素人には理解しがたい部分もあります。貸した側とやりとりをする中で、時効について調べたつもりが見逃しがなかったか不安になったために押し切られる可能性もあります。法律について詳しい人に聞いた方が、借金の時効手続きもスムーズに手配できます。どこに相談すべきかは、現時点で何を問題にしているかによります。訴訟事や調停が必要な時は弁護士に、時効の援用で内容証明郵便を出したい時は行政書士に相談します。友達や親族に弁護士、行政書士の仕事についている人がいるなら、色々とアドバイスを頼んでもいいです。借金の時効を成立させる上で、弁護士は心強いサポート役になってもらえます。訴訟事でも安心して頼れるでしょう。依頼する時は、弁護士に支払う金銭的な問題や、弁護士事務所への精神的な入りづらさなどを感じるかもしれません。確実に借金を時効にするためにも、弁護士の無料相談などのサービスを積極的に利用して手続きを確実なものにしましょう。行政書士は契約書や遺言書などの書類作成の専門家ですから、内容証明郵便を作りたい時などの相談先に最適です。専門家の後ろ盾があるだけでも、相手側との借金時効の交渉にはかなり心強い助けとなります。無料の電話相談などがあったら、迷わず頼ってみましょう。
スポンサーサイト
2011-10-28(Fri)

借金の消滅時効の援用

キャッシング返済の時効が成立するには、歳月が経過しただけでは条件は満たされません。借金の時効は、何もせずにいては適用されないのです。借金時効の利益を受けることを消費者金融側に連絡し、時効によって借金返済の必要がなくなったことを主張しなければならないのです。これを借金の消滅時効の援用といいます。キャッシング会社などは、消滅時効の援用がない限りは時効までの年月が経っていても素知らぬ顔で返済を求めてくるようです。借金は、消滅時効に必要な時間が経過したからといって即無効にはなりません。なので、時効までの期間が経過しても返済の督促は通常と同じに行われるのです。この消費者金融からの催促に応えてうっかり払うと消滅時効を喪失したことになりますので注意が必要です。内容証明郵便は郵便物の送付記録がはっきり残りますので、これを使って消滅時効を援用し借金を棒引きにします。内容証明郵便とは、手紙の内容、日付、差出人、受渡人を郵便局に証明してもらう郵便物です。受け取り拒否や不在時は郵便局に一旦持ち帰り、一週間経っても取りにこない場合は通知人に戻されます。このような内容証明郵便をしっかり出しておきましょう。内容証明郵便を出すことで、貸した側に対して消滅時効を援用するつもりがあることを明確化しておくのです。
2011-10-28(Fri)

破産宣告の前に特定調停をする

破産宣告をする前の防御策として、平成12年7月から「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」という法律が施行されました。この特定調停に関する法律が適用される条件は、債務者が支払い不能の状態に陥る恐れがあることです。この時、金銭債務の利害関係を調停することができます。例えば、複数のキャッシング融資を受けたことで月々の返済額がふくらみ、破産寸前だとします。そんな時は返済が可能になるよう、特定調停の手続きができます。特定調停の申し立ては、返済しなければならない借金がある当人によるものでなければなりません。ですが、例外規定として弁護士や定められた研修を終えた司法書士が代理に立つことはできます。例えば、これまでの返済総額を再計算し、利息制限法で定められた実質年利18%を超えた利息を支払っていた場合は、過払いを理由に返しすぎた利息に関しては戻してもらう等の調停が可能です。本来、払う必要がない余分に払いすぎた利息を、元金に組み込んで充てることが可能なのです。このように、特定調停では毎月の支払金額や返済総額を減額したりカットすることが可能です。調停をしたことで破産を免れた人もいます。それまでは破産するしかなかった人でも、この「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」によって、活路を見いだせるようになりました。
2011-10-27(Thu)

キャッシングで破産手続きをしないために

借りたお金が返しきれず、破産を申し立てる人は珍しくありません。破産した時でも、一定範囲の財産の所有は認められています。破産をしたことで、貸した側に返すべき債務について一定の配分が定められます。それは返済しなければなりません。破産をした人が、破産手続き後に手に入れた財産についても、場合によっては強制執行の対象となり、返済しなければならないこともあります。破産には免責制度もあり、きちんとした債務者なら認められます。債務責任については、認められれば破産の宣告を受ける前に担っていた分を放棄することができます。ただし、税金や罰金などの一部の例外を除きます。破産で使えなくなっていた資格も、免責によって制限がなくなります。破産手続きの制度は、キャッシングなどの多大な債務で身動きができなくなってしまった人たちを救う道ではあります。とはいえ、破産はどうにもならなくなった時の切り札的存在と考え、それまではできるだけのことをすべきです。債務整理の方法としては、簡易裁判所の特定調停法制度なども存在します。返済が不能になっても即座に破産手続きを取らず、できることを模索すべきでしょう。
2011-10-27(Thu)

無職でもキャッシング融資を受ける

通常、無職ではキャッシング融資を受けることはできません。詐欺まがいの商法でもない限り、返済できなさそうな人に金銭を貸して返済してもらえなければ、貸した側の損になることは明白です。貸したお金が返ってこないというリスクを回避するために、申込者が無職ならば審査を通さないようにしてあるのです。しかし、仕事がない限りは何をどうしてもキャッシング不可能ということはありません。仕事がない人のキャッシング利用は困難ですが、できないわけではありません。借す側は収入がない点から貸し渋りますが、安定した収入がある時より、安定した収入がない時の方がキャッシングの必要性は高まり、生活費や何かの必要資金のためにお金を調達する必要が出てきます。近くに開業している派遣会社に登録してくる方法が、無職のままキャッシングを利用する手軽な方法です。本当に派遣の仕事をする必要はありません。派遣会社に登録がしてあることが重要です。派遣会社は面接に通りやすく、面接なしで簡単な説明だけで登録可能なところもあります。派遣会社に登録ができれば在籍確認は可能なので、キャッシングの審査に通りやすくなります。最近はインターネットを利用することで、自宅にいながら派遣の登録申し込みもできます。消費者金融会社に融資の申し入れに行く時、もし何の仕事にもついていないのならば派遣会社の登録をしてからの方が、信頼度が格段に違います。
プロフィール

xiamen0358

Author:xiamen0358
FC2ブログへようこそ!

お買い物




最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
お買い物
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。